月別アーカイブ: 2013年11月

ミカンの輪切りが並んでいる構図が好きです。

DSC_0065.JPG

無農薬で美味しい温洲ミカン見つけました。小さい頃は当たり前の様に家にあったので有り難みが有りませんでしたが美味しい物はとても美味しいです。当たり前の物というのは勝ち残ったと言うことなのだと改めて感じました。

美山のセミ・干し柿を赤ワインで浸けてみました。

DSC_0064.JPG
落とし処はサングリア紛いです。極力アルコールを飛ばして(フランベではアルコールは完全には飛ばないらしいです)温製デザートへの構想が有ります。(クレープ添えとか良いのでは?)もちろん味が優先なので自家製に拘り過ぎる気はないのですが出来れば・・・とは思っています。どちらにしても明日次第です。乞うご期待と言った所でしょうか?

切り干し大根製作中です。

DSC_0063.JPG

去年は美山のお婆さん作(他人)の物を使用していたのですが今年は挑戦してみました。ただ干せば良いだけ。の、はずです。多分。それにしても90%以上が水分とはいえ、なんとも悲しい姿になったものです。これで大根一本分です。

昆布に挑戦です。

DSC_0061.JPG

実は昆布を調理する事自体初めてです。他の海藻類はちょこちょこ手を出しているのですが、なかなかメニューに入れる程には仕上がりませんでした。海藻類とは相性が悪いのかと思いつつも遂に大御所の登場となりました。オーダーで使えるかどうか解りませんがとりあえず頑張ってはみます。使わないのと使わないのは違うということで。

そう言えば以前あまり好きではありませんでした。

DSC_0060.JPG

柿はいわゆる”買ってまでは食べ無い”果物でした。ややこしい言い方になりますが“柿”が美味しい不味いではなく“美味しい柿”が美味しいと言うことを理解していませんでした。日本の高度な流通システムと生産者の努力に感謝です。

今日は贅沢にムルソーを飲んでいます。

DSC_0059.JPG

寒い時には味の厚みの有る白ワインが美味しいです。ワインは熟成した白から入りました。今でも大好きです。毎日飲まない様にしてから一本に対する予算が増え体にも味覚にも良い結果となりました。

クリスマス用の装飾を初めました。

DSC_0058.JPG

毎年いつ頃から飾り付けをしたものかいつも悩みますが余裕を持って11月の最終の週が落とし処の様に思います。例年ならクロッカンブッシュをツリーに見立てているのですが今年は卵を使えないのでコルクのツリーにしました。これだけリボンを巻いてしまうとどちらでも変わらない気がするのは悲しい事です。

つい買ってしまいました。

DSC_0057.JPG

頭でっかちなのでこの手の本に弱いです。後付けで良いので結果に伴う理由を付ける事で自分の中でのルールを増やしています。そのネタを探す為に読んでいます。ちなみにルールはあくまで“自分の中で”の事なので一般的で無い場合が多いです。

一応比較したうえでの主観なのですが…

DSC_0056.JPG

シャンパーニュを飲むグラスはフルートより使われているブドウ品種のうちの一番比率の高い品種のスティルワイン用のグラスが良い場合が多いように思われます。ちなみに今回はピノ・ノワール用のグラスです。一つのグラスで赤も飲めて一石二鳥です。もちろん営業では絶対そんな事は致しません。ただ、本当にあくまで主観なので遠慮無くダメ出しして下さい。

食べ続けると好みは変わるのですね。

DSC_0055.JPG

昔はレンズ豆はアルデンテに煮ていましたが良く食べるようになってからは煮崩れるまで煮るのが定番になってしまいました。消化の良さも多大にあるよう思いますが風味より味で食べるようになった気がします。そう言えば以前白インゲン豆をアルデンテに煮て出してフランス人に怒られた事が思い出されます。