月別アーカイブ: 2014年1月

前回の続きです。

DSC_0138.JPG

玄米麹で甘酒を作りました。米の中心迄糖化させる事を目指して温めめていたらやたら甘くなりました。味の上では玄米の方が好みなのですがどちらにしても“和”のイメージを払拭する事が出来無いです。果物とも豆乳とも相性は悪く無いのでなんとかなりそうな気もします。とりあえず次は凍らせてみます。

甘酒(出来合い)を試してみました。

DSC_0137.JPG

正直今更です。とりあえず定まった味を知りたかったので既製品から入りました。フルーティーです。さすがにキレイに糖化させてあります。温めると甘味は増しますが味が単調に成る気もします。どちらにしてもメニューに使うにはもう1つ2つ工夫が必要です。とりあえず次は手元に玄米麹が有るので糖化させてみます。それにしてもあまり量を食べるものではありません…。

ワインバー始めました。

DSC_0136.JPG

21時からです。コースで出している料理とは違う植物性のおつまみをご用意させて頂いておりますのでよろしくお願い致します。多分生ハムを食べるより体が楽なはずです。日本人はビールに枝豆、ワインに野菜です。

レストランは楽しい所!

DSC_0135.JPG
少しいつもと肌色の違うブログでしょうか。今日はとある講習に行って来ました。講師も真剣、聞き手も真剣です。もちろんそれぞれに真剣になる理由をお持ちです。幸せな事に健康な僕にはノリが少し重たかったです。今回の事による教訓はレストランは最終(節度を忘れ無い範囲での)ラテンなノリがベストだという事です。

冬の必需品です。

DSC_0134.JPG
炭酸水です。暖房で喉が渇いた時は真水よりこれです。禁じ手ですが喉でゴクゴク飲むのが美味しいです。これで食べ物を流し込むのも美味しいです。何より酔わない所がおいしいです。

ワイングラスの形状の話です。

DSC_0133.JPG

今日のボルドーワインのグラスの形状とブルゴーニュワインのグラスの形状を決定付けたのはリーデル社です。もちろん理にかなっていたから広まったのですが提供する側としましては大変有難い発想でした。レストランの良い所は提供条件を揃えられる所に有ります(かなり強気な意見で墓穴を掘っている事も重々承知しております)。“美味しい”の条件はかなり不安定なもので今何かを書く事すらおこがましいとは思うのですが前向きに考えるのなら面白いものです。

豆乳プリン?作りました。

DSC_0132.JPG

カシューナッツに火を入れると濃度が付き冷めても良い感じと言う事を聞いたので豆乳で試した所卵黄っぽいコクが出たので甘味を足してプリンっぽくしてみました。化けるものです。クルミと好相性で温めても美味しかったです。

有機オリーブ発見しました。

DSC_0131.JPG

きっと有るだろうと思い探した所すぐに見つかりました。あまり存在を耳にしなかったので味が心配でしたが凄く美味しかったです。今回は黒オリーブだけ買いましたが緑オリーブの方も楽しみです。しかし…値段がお高いです。だからあまり耳にしなかったのですね。

自然派ワイン探求シリーズです。

DSC_0130.JPG

ドメーヌ・パランです。ポマール(ブルゴーニュ)の作り手でたしかご姉妹でやっておられます。’07位から有機栽培に転向したと記憶しています。このワインはです’10です。今、飲みながらブログを書いているのですがとんでもない事が起きました。料理と合わないです。ワイン自体はクラシックな作りでとても美味しいです。が…何パターンか料理を合わせて解った事は結局熟成したワインの方が当店の料理と合うと言う事です。若いワインも美味しいというのが今回の収穫でしょうか(ツマミが無ければ)。

ココットを沢山頂きました。

DSC_0129.JPG

知人から頂きました。客席にお出しするのは何故か嫌いなのですが厨房内では重宝しているので助かります。オーブンに直接入れる事が出来るのとあと感覚の問題なのですが食材を入れるのにプラスチックの容器より清潔感を感じるからです。が割れてしまうのが欠点でそろそろ買おうかと思っていた矢先でした。なるべく使う道具は少なくしようとは思ってはいるのですが結局厨房はモノで溢れています。さてココットもどこに仕舞ったものやらと言う感じです。