月別アーカイブ: 2014年9月

作ってみました。

K0120023.JPG

テイクアウト用の豆乳のアイスクリームと豆乳のシャーベットです。以前から要望は頂いてはいたのですが何分経験の無い事だったので二の足を踏んでいました。冷菓は安定して喜んで頂いている様なのでこの度挑戦してみました。試作して一応問題の起こらないようにはしているつもりなのですが初めての事なのでとても不安です。不備の無いよう努めますのでよろしくお願いいたします。アイスクリームが400円、シャーベットが350円です。

ご来店頂きました。

K0120021.JPG

関西ヴィーガンベジタリアンの方です。サイトは一年半位前に立ち上げられたらしいのですがご本人はヴィーガン歴17〜18年になられるそうです。動物愛護の観点からヴィーガンをやっておられる心優しいパンクミュージシャンの方でした。お話させて頂いていると本当に菜食主義である事が好きなのだなと感じさせられました。色々と勉強になりました。同世代の人間と話をしたのが久しぶりだったのでそれが一番楽しかったです。有り難うございました。

久しぶりに行って来ました。

K0120022.JPG

ワインの試飲会です。市場が小さいせいもあり京都は試飲会が少ないです。大阪まで行けばいくらでもあるのですが往復2時間かけるのはよほど興味が有る時でないと無理です。仕事中なので余り飲みたくは無いのですが流石に興味の有るワインは絞られて来るので無難に終わりました。美味しいワインを選ぶ事は勿論大切な事ですがどうしたら美味しく飲んで頂けるか、もっと言うと当店で飲んで頂いて美味しく感じて頂けるのはどんなワインかが同じ位大切な様に思います。試飲会で飲んで美味しかったものをそのまま持って来ても的外れに終わる事も多々あります。そこが面白い所なのでしょうか?

夏野菜なのですが。

K0120020.JPG

カボチャのピュレです。夏野菜なのですが使うのは毎年9月以降にしています。味と甘味がのって来る様に思います。カボチャが追熟されているせいか季節の変化による体感の違いのせいかはよく解りませんがさつまいもや大根でも同様の事が起こります。解明出来ればそれに越した事は無いのですがとりあえずは素直に今食べて美味しいと思うものを提供するのが一番だと思っています。

自然派ワイン探求シリーズです。

K0120019.JPG

1996年のブルゴーニュピノノワールです。小規模生産のワインは仮に両方作っていたとしても赤ワインの作り手と白ワインの作り手に分かれる様に思います。白は飲んでいないのですがこの人は白ワインの作り手だと思います。タイトルの通り自然派のワインなのでキレイな味はするのですが正直、評価は分かれると思います。店売りで4000円割るのが魅力ではありますが誰もが美味しいと思うワインでは無いとおもわれます。同じ価格帯であればボルドーの方が無難ではありますがそれでも手を出してしまうのがブルゴーニュとピノノワールの魔力です。ピノ好きの私としましてはお気持ちは十二分に理解出来ます。御随意に。

初挑戦です。

K0120018.JPG

美山の生の唐辛子です。頂いたのでどうしょうかと思いとりあえず試しにビネガーで漬けた所とても味が良かったのでタバスコに挑戦してみようと思います。要は塩を足して熟成させるだけなのですが不安要素も何点か有るので一月後上手くいっていました続きを書かさせて頂きます。あと僕の勝手な思い違いだったのですがタバスコはメキシコでは無くアメリカ発祥の調味料だそうです。インドにカレー粉は無い、的なお話でした。