月別アーカイブ: 2015年4月

目からウロコが落ちました。

K0120075.JPG

日本のワインです。先日、某酒屋主催の試飲会で何点か頂きました。今まで飲んだ事がなかった訳では無いのですが良い印象を受けた事がなく敬遠していました。が、今回は全体的に良かったです。独特の優しい感じが個人的に好みと合いました。特にこれから夏にかけて心地良く飲める様に思いました。自然派と言える生産者も多く至れり尽くせりです。まだ料理と合わせていませんしグラスの相性も試していないので実際に提供させて頂くにはもう少し時間がかかりそうですが選択肢の一つとして是非加えたいと思います。口にするもの全体に言えるのですが日本の優しく繊細な味はとても好きです。

予想外の結末でした。

K0120076.JPG

続・日本のワインです。とりあえず試飲会で気に入ったワインを五本程購入して見ました。理由はよく解りませんが試飲会場で飲むのと店で飲むのとでは味が違う場合が有るからです。何度か痛い目を見た事が有ります。ですが今回は大丈夫でした。オールドワールド的な味のワインばかりだったのでグラスのチョイスも難しくなかったです。そしていよいよ料理と合わせて見ました。ワインに雑味が出るとか料理が不味くなるとかではないのですが二口位料理を食べた所でこれ以上一緒に口に入れる気になりませんでした。調味は塩だけですしオリーブオイルを掻けたヴァージョンも試したのですが結果は同じでした。こんなバッティングの仕方は初めてでどう理解したら良いのか戸惑っているのですがとりあえず今のところ店で の提供は不可能です。とにかく五本を飲みきってみます。飲んでいるうちに解決法が見つかる事を期待します。

暑くなって来ると香りものを美味しく感じます。

K0120074.JPG

美山のヨモギです。パスタにしたり煮野菜に入れたりします。美味しいです。天然のものは味に力強さが有り料理全体の複数味が増します。何か夏に備えて体を作っている気にさせられます。やはり野菜は美味しいです。

凄かったです。

K0120073.JPG

メドック二級のデュルフォールヴィヴァンの醸造責任者を招いた講習会に行って来ました。面白かったです。主催のインポーターの仕入れ担当の言葉とは裏腹にこれじゃなければ嫌というタイプの人でした。ワインを作るのにそれだけの行程を踏んでいました。気持ちは理解出来ます。そして実際、美味しかったです(セカンドも踏まえて六種類のワインを垂直テイスティングしました)。味わいのバランスを強調しておられましたがどのヴィンテージを飲んでも美味しかったのは仰られる通りの結果だと思いました。パンの為に仕事をしてはいけない。出来ればそう有りたいです。皮肉ではなく本心から。

最近の反省です。

K0120072.JPG

最近、若いワインをよく飲む様になりました。基本的に仕事が終わってから飲むので(若干疲れています。)樽香の利いていない果実味の有るタイプを美味しく感じます。ですがこの手のタイプはあまり食べ物を欲っし無いのでワインだけで済ませてしまいます。もちろんお酒は好きで飲んでいるのですが一応半分位は仕事でもあるのでこれではよくないです。憶測ではなく実際に合わせて見なければ正確な所は解らないのが味覚の面白い所であり怖い所であります。飲む以上は一応お客様に提供する事も視野に入れているので当店がレストランである以上食べ物無しでワインを飲むのは今後控えようと思います。後、余談になりますがワインと料理を合わせる時にマリアージュと呼べる程ピタッと合う所は狙っていません。マリアー ジュはとても美味しくはあるのですが美味し過ぎて料理の個性もワインの個性も殺している様に思うからです。わがままかもしれませんが寄り添う位がベストだと思っています。こんな事を考えられるって良い意味で贅沢な良い時代です。   

とってもフランス料理的な食材です。

K0120070.JPG

タンポポの葉っぱです。サラダにしているのをよく見かけます。少なくとも店で使っているものに関しましてはエグミはありません。ちなみに勿論天然です。ジビエを有難がるのと同じ位の対応をして頂けましたら幸いです。ちなみにこんなのばっかりです。美山の春はこんな感じです。

たまには気分を変えてみます。

K0120071.JPG

ステンレスの包丁を使ってみました。刃渡りはいつも使っている鋼の包丁より三センチ程長いです。鋼の包丁で野菜を切っていると切れる事もあって包丁の動きが直線的になってしまいますが切れ味の劣るステンレスの包丁ではテコと円の動きを使わざる得ませんでした。包丁の基本なので久しぶりに新鮮でした。途中で面倒臭くなり鋼に持ち変えましたがなかなか面白くは有りました。ただ切れ味と言う点に関してはやはり鋼は最高です。

美味しい果物の選び方。

K0120069.JPG

香川の無農薬の八朔です。八朔なのに甘味が強くて美味しいです。果物は有る時期が過ぎると一気に味が落ちます。冬の果物は特にそれが顕著にでると思います。農産物に季節感が無くなったと言われる昨今ですが美味しい農産物と言う限定ではやはり食べ時は大切です。いつでも欲しいものが手に入ると言うのは良い意味で本当に凄い事だと思いますが美味しければ何でもいい自分としましては食べ時にしか食べられないのはたいした問題では無いです。そういう訳で個人的な答えとしましては土地と生産者と食べ時の3つが大切だと思われます。