月別アーカイブ: 2016年1月

気が付けばこうなっていました。

K0120148.JPG

蕎麦粉のパンケーキです。前回のブログで書かせて頂いた蕎麦粉が気に入ったので当初はガレットを作ろうと思いたったのですが生地を発酵させるとどうなるかと思い試した所かなり美味しく出来ました。水分が多い方が美味しかったのでフライパンから剥がすことが出来るギリギリまで添加してみましたので食感はゆるいたこ焼きの生地を連想させます。課題としましては生地を前日に仕込まないといけない事、仕込んだ生地は翌々日以降になると(個人的には大丈夫なのですが)酸味が強くなる事、蕎麦粉が高価な事が挙げられます。味は気に入っているので是非提供したいと思っています。余談ですが蕎麦粉はダイエットするのに向いている食材だと思います。カロリーどうこう以上に腹持ちが無茶苦茶良いです。試食するのが 大変でした。

近所の某大手チェーンの酒屋で四十パーセントオフで購入しま した。

K0120146.JPG

去年のボージョレ ヌーボーです。久しぶりにヌーボーを飲みました。値段につられて買った割にはビンゴでした。何種類かあったので素直に店員さんにどれが美味しいか聞いたのも勝因の一つだったと思います。最近の店員さんはちゃんと飲んでいます。有難い事です。「この中だったらこれです。」踏まえる所の多いこの言葉に不安を覚えながら購入させて頂きましたが美味しかったです。ガメイという葡萄品種は嫌いではないのですが華やかに欠ける所があります。ボージョレヌーボーの大半に使われている酸素と触れさせずに発酵させる方法は上手くその点を補っている様に思いました。作り手が良かっただけとも言えますが。確かにある意味ワインらしくないワインですし料理と合わすよりワインだけで楽に楽しむ感じで 丁度良い位の軽さですが繊細さも有りバランスも良く美味しかったです。やはり作り手が良かったです。ただやはり航空便の値段を払うのに抵抗を覚える僕はお祭りの時に屋台で買い物をしてはいけないタイプです。

粉を挽き目を変えました。

K0120145.JPG

パンに使っている北海道産の有機の全粒粉です。挽き目を変えてみました。3年半前からこの粉を使っています。当時からもっと挽きを粗く出来ないか問い合わせていたのですがその時は駄目でした。有機JASの認証を取っているので生産ラインもそれに準じていないといけないので当店の為だけに挽き目を変えるのは無理だった様です。わずか3年半ですが今は時代が変わりニーズが増え商品化されました。有難い事です。味はと言いますと良くも悪くも全ての個性が強調された感じです。個人的にはウチらしくて良いと思っています。食感は粗くなった分滑らかさが無くなりましたが全粒粉のパンに口どけの良さは求めていません。挽き目を変えるだけでこんなに味が変わるのはとても面白い事です。精白した方も粗びき出来るか 今度聞いてみます。

ニューアイテムです。

K0120144.JPG

北海道産の無農薬の蕎麦粉です。かなり美味しいです。それはさて置き今回勉強になった事は挽きぐるみと言っても玄蕎麦を挽いたものと丸抜きを挽いたものの二種類があるという事でした。前者はそば殻ごと挽いてあるという事です。前回のカナダ産の粉はこれに当たります。そして今回の粉は後者に当たります。はっきり言ってものが全然違いがます。カナダ産を使っている時は十割蕎麦なんて絶対に無理と思っていましたが今回の粉をいじっていたら難しくない様な気がします。試してみます。成功したらグルテンフリーも謳えるのかもしれませんが今度は蕎麦アレルギーの人が心配です。グルテンフリーやっている人数よりこっちの人数の方が多いと思います。あまり考えても仕方ないので気にしない事にします。蕎麦粉が 美味しいからその蕎麦粉を使う。これでいいです。後の事はその時々で考えます。

甘くて酸っぱくて美味しいです。

K0120137.JPG

静岡産の無農薬のキウイです。香緑という品種です。普通に栽培されたキウイなのですが良い意味でパンチのある味をしています。そのまま提供すると好みが分かれそうなので例によってドライフルーツにして甘味を強くしようと思います。違う生産者のキウイも美味しかったので今、静岡のテロワールに興味津々です。やはり土壌の力は偉大です。

これは美味しい!です。

K0120143.JPG

ルイ ラトゥールのピュリニーモンラッシェの2000年です。単一畑です。美味しいです。ワインを飲み込んで行くと赤ワインに偏って行くと言われていますが白ワインが無くならない理由がここにあります。オーガニックに傾倒しているワインはワインの味より葡萄の栽培方法や醸造の方法に重きを置いている作り手が多く熟成には耐えられない場合が多い様に思います。勿論、ブルゴーニュのルロワや去年講習会に伺ったボルドー2級のデュルフォール ヴィヴィアンなどビオデナミを実践しても美味しい熟成したワインをリリースしている作り手もいるので解決出来る問題なのかもしれませんが造っている人の思いや考えもあるので一概には言えません。何はともあれこの美味しい白ワインに(で?)乾杯です。

個人的に好きです。

K0120138.JPG

蕎麦がきです。蕎麦粉って生食出来るのですね。知りませんでした。今、手元にあるのはカナダ産の無農薬の挽きぐるみ(全粒)粉です。香りが良いです。相性の良い豆乳で練ってみました。今のところ味はまだまだ賄いレベルですがニョッキとかポレンタの感覚で使えそうな気がします。一番粉でも試したい所です。

作るだけなら案外簡単でした。

K0120141.JPG

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。こだま天然酵母を使ってみました。当たり前ですが形たけはあっさり出来ました。ベーキングパウダーで上げたケーキより楽に食べたられます。が、ただ味はベーキングで上げた方がまだまだ安定感があります。体に優しくても味がいまいちでは意味が無いです。ですが出来る事が解ってしまった以上もうベーキングパウダーは使いたく無いです。早く商品化出来るように頑張ります。フライングに気をつけます。