月別アーカイブ: 2016年2月

とりあえず毎日飲んでみます。

K0120153.JPG

コーヒーのバンドドリップに挑戦です。今、店では家庭用のコーヒーメーカーでコーヒーを落としています。下手に手で淹れるよりよほどマシとコーヒー屋に言われたのと実際にバンドドリップで何度か淹れてみた結果からなのですが今回は少し頑張ってみようと思います。以前に試した時は落とす度に味のブレがかなり有り早々に手を引いてしまったのですが今回は最低でも1ヶ月は続けてみます。数をこなせば必ずデータが取れます。安定する迄はお客様にお出しする事は無いのでご安心下さい。これで突然コーヒーメーカーが壊れももう安心です?

メッチャ甘いです。

K0120152.JPG

じゃがいものピュレです。去年の夏前に仕入れたじゃがいもをずっと冷蔵保存して使っているのですがかなりデンプンの糖化が進んでいます。じゃがいもは基本的にある程度の期間冷蔵保存して出荷した方が甘味が乗って美味しいとされているのですがさすがに8ヶ月の熟成(?)ものはなかなか無いと思います。美味しい不味いで言いますととても美味しいので冷蔵技術の発展に伴う現代的な季節感と思って頂けましたら幸いです。現場では色々な事が結構よく起こります。

手軽で良いです。

K0120151.JPG

減農薬の不知火です。ポンカンと清美を掛け合わせた品種だったと思います。勿論味が良いので買ったのですが食べ易さにも魅力を感じます。薄皮がとても薄いので表面の厚い皮を剥くだけでそのまま食べられます。むしろ薄皮を剥かない方が美味しいです。店では柑橘類の薄皮は剥いて提供しているのでむしろ使え無い部類なのですが一人暮らしの人は果物を食べ無い傾向にあるので向いているのではと思います。金額はノーマルのポッキー一箱と同じ位です。どちらを取りますか?

色々やってみます。

K0120150.JPG

前回の蕎麦の実をミキサーにかけて蕎麦がきを作ってみました。粗金餅って解らはるでしょうか?餅に突いていない餅米を混ぜて作った餅の事なのですがそんな感じです。賄いとしてはたべ易かったです。蕎麦って美味しいですね。

どうしてこんなに違うのでしょうか。

K0120149.JPG

蕎麦の実です。以前ブログで書かせて頂いた蕎麦粉の粉にしていない状態です。とりあえず素直に茹でてみました。ロシア文学にちょくちょく出てくるお粥と書いてカーシャと振り仮名が振ってある食べ物はどうやら蕎麦の実のお粥のことの様です。厳しい環境でも蕎麦は小麦や米より育て易いらしいです。で、茹でた蕎麦の実ですが美味しいです。押し麦を茹でたものに食感と風味を足した感じです。ただコースに使えるかと言われると正直難しいです。先人の知恵と言いましょうか粉にした方が上等な味がします。後十キロ近くあるのでとりあえず気長に付き合って行こうと思います。飽きる程食べた後の答えが本当の答えてす。多分コースに組み込む可能性は極めて低いのですが基本的には美味しいので気長に行きたいと思い ます。贅沢なお話です。

ガレットを作ろうとしていたのですが…

K0120147.JPG

蕎麦粉のパンケーキです。当初はクレープを作ろうと思って試していたのですが少し生地を発酵させた方が美味しかったのでパンケーキになってしまいました。発酵させた水切り豆腐と温野菜を合わせるとなかなかイケます。蕎麦粉自体が美味しいのが大きいです。今回生産地と品種の違う蕎麦粉を4種類程試させて頂きましたがやはり高価なものは美味しいです。味も勿論大切なのですが風味を楽しむ食材は自分の好みにドビンゴなので出来れば使って行きたいです。ただ納得出来無いのは価格です。そもそも蕎麦は米や小麦の育たない土地でも栽培出来る農産物である経緯を考えると一番気に入った蕎麦粉は今使っている国産の無農薬の小麦粉の倍以上するのはちょっとどうかと思いました。需要と供給のグラフが頭に浮かんで しまいます。今回の試作でもう蕎麦屋に行く理由がなくなりました。主観ですが蕎麦は技術ではなく旨い蕎麦粉が旨いです。そう思えば僕個人の懐的には安く上がったのでしょうか?

やっとレシピが固まりました。

K0120142.JPG

ランチ用のケーキです。ベーキングパウダーではなく天然酵母で生地を上げています。見た目は同じですが根本的にものが違い小麦粉では美味しく出来ませんでした。で、蕎麦粉のケーキを作ろうと色々試してみたのですが甘味がうまくのらず断念しました。結局米粉で作り蕎麦粉は風味付けに使っています。ベーキングパウダーを使ったものより食べていて楽なので試作の時には大助かりでしたし仕上がったものにもそれなりに満足していますが後は結局お客様のリアクションを見て又考えます。ちなみに食べて頂けば判ると思いますが西洋人には絶対受け入れられ無い食感です。大丈夫でしょうか。