貧乏舌です?

IMG_20180513_105350.jpg

最近のワイン事情です。ちなみに当店の場合、僕の個人的な、と店の、はイコールになります。美味しいワインはもう技術で作れてしまう時代なのだと思います。勿論当たり前に出来たのでは無くその裏に数多くの苦労がある事は言う迄も無いですが今日び安くて美味しいワインは本当にあります。元々しっかりしたワインより優しい味のワイン(ワインの味の表現としては褒めていない場合が多い)の方が好きだったので嬉しい限りです。オーガニック前提で選んでいますが個人生産のいかにも自然派なワインは苦手である程度大きなところが作った飲みやすいモノが良いです。前者はお値段もそこそこするのでお金を出して買う事は無いですが試飲会等で頂くとただただ飲み難いとしか感じないです(個人談)。そんな感じで最近店売りでは“しっかりしたワイン”というリクエストが無い限り五千円以上のワインを勧める事が無くなりました。安いに越した事はないのもあるのですが今純粋に飲む事だけを目的として五大シャトーとお気に入りの二千円未満のワインを並べられたら後者を選ぶからです。お客様にはビールと高級ワインの中間の飲み物として楽しんで頂けましたら幸いだと考えております。ちなみにもし比べる対象がロマネ・コンティだとしたら?……想像では無く妄想になってくるのでいい加減止めておきます。

Fwd: 季節到来です。

IMG_20180427_235131.jpg

———- 転送メッセージ ———- From: “佐川吉博” 日付: 2018/05/01 午後4:15 件名: 季節到来です。 To: “ラ フルシェット” Cc: 写真に写っているのはコゴミとコシアブラです。今更?と思われるかと思いますが美山の山菜の旬は今です。特にワラビは梅雨入り位迄出回っています。 山菜は味が強いので在るととても便利なのですがこの時期は逆に普通の野菜が無いです。そういう季節と言ってしまえばそれに尽きるのですがナカナカ大変 です。ともあれ今年のおすすめは(写真に無いですが)タケノコです。普通の野菜でも山菜でもアク抜きや下茹では一切しません。美山の山菜に関して言えば必要が無 いです。アク抜きは所詮アクと一緒に味も抜けている様にしか感じ無いのでしないに越した事は無いです。 天然のモノなので毎年味は違いますが今年は今までの8年中一番美味しいと思います。思わず実家に送ってしまった位です(実際親も喜んでいました)。 そんな訳で年中あれば店の売りになるのにと思いつつも今しか無いのが又、良いとも思い季節の美味しい野菜に感謝です。煮ても焼いても美味しいです。

予約無しでご利用頂けます。

IMG_20180206_004841.jpg

予約無しでご利用頂けるディナーセット初めました。3000円(税込み)で内容は料理3品、自家製天然酵母パン、デザート盛り合わせ、有機ダージリンです。気軽に使って頂けましたら幸いです。ベジなワインのアテとしましても使い勝手が良いと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。実は12月から初めていたのですが11月の末にセキュリティ上の理由で…?新しいサーバーに…?システムとの相性が…?IT音痴の僕にはよく解らない理由でブログの投稿が出来ませんでした。便利だなと思う反面ちょっとした(多分普通の人にとっては何でも無い)事が起こると必要以上に手間が掛かってしまいます。半分諦めてはいるのですが やはりこれから先が少し心配です。この手合いは人間の必死を体感させて頂けますがせいぜいその場その場を頑張ります。ちなみにウィキペディアは大好きです。

ランチメニューを少し変えてみました。

IMG_20171018_160634.jpg

ランチがヴィーガンフレンチプレート¥1200(税込み)です。一週間おき位で内容を変える予定です。デザートは+¥500で6種類よりチョイスです。営業時間は12:15〜15:30closeです。宜しくお願い致します。

今年の柿は有機JASです。

IMG_20171027_225748.jpg

無農薬の柿です。タイトル通り認証有りです。例年は奈良の減農薬のモノで味の良い生産者がいるのでそれを使っ ていたのですが無農薬の言葉に負けて浮気した処今回の結果に至りました。奈良のモノも十分に美味しいのですが上の味が見つかると戻れ無く なるのが食べ物の悲しい処です。今回の柿は触った感じはまだ固く感じるのに実際食べると既に食べ頃と言う不思議な特徴で熟し過ぎないか心配です。 ただシャーベットや干し柿には極力ギリギリ迄待った方が美味しい ので難しいです。贅沢な悩みなのですが。私事ですが最近ワインより美味しい果物の方が美味しいのではなかろうか、と言う疑問に駆られています。アルコールに騙されているは言い過ぎかもしれませんが酒税を差っ引いても金額ほど味に差は無いと思います。何か健康になってしまいそうです。

基本的に和モノより洋モノが好きです。

IMG_20171002_190247.jpg

減農薬の洋梨です。去年あたりからこの香りと舌触りの虜です。比較して良いのか解りませんが比べると和梨は少し物足りなく感じてしまいます。ラ フランスが有名ですが今回はオーロラという品種です。ラ フランスと比べると酸が少しありそのせいか甘味を穏やかに感じます。そのまま食べても美味しいのですが ドライフルーツに向いているかも、です。この手合いのものをケースで購入すると食べ頃が全て同時に来てしまうのが難点です。その 他傷が付き易かったり柔らか過ぎてカットし難かったりと問題が多いですがだからこそ、とも思ってしまいます。食べに行ったさきで 生の洋梨が出て来たら自分自身でも素直に嬉しいです。一瞬で終わってしまうかもしれませんがよろしければご賞味ください。生の洋 梨をスーパーで見かける様になったのは20年前から位ですが洋梨自体は明治に日本に入って来ているらしいです。洋梨に限らず最近 (ここ20年位で)見かける目新しい野菜や果物は調べると明治に入って来ているものがちょこちょこ在って何かハイカラって感じです。やるな明治、です。

第二次紅茶ブームです。

ダージリンのセカンドフラッシュです。春にファーストフラッシュを飲むとたまらなく美味しいですが通年で考えるとやはりセカンドフラッシュ軍配があがります。 ここ一年ハンドドリップの練習も兼ねてずっとコーヒーばかりでしたが久し振りに試飲に行って(紅茶は年毎の味のバラつきが大き過ぎて試飲してからでないと買えないです。)どハマりしてしまいました。アッサムも美味しいですが香りの点ではダージリンが素晴らしいです。ブルゴーニュワインを彷彿させます。食後にはしっかりしたアッサムの方が…と思いながら個人的な嗜好に負けてしまいました。食後にダージリンでもおかしくは無いです。以前のキーマンのアールグレイもまだ有りますのでお好みでお申し付けください。余談ですが最近一日1リットル以上紅茶を飲んでいるので一応“紅茶 飲み過ぎ”で検索をかけたのですが読んでいるだけで体調が悪くなりそうな感じの結果でした。後は身体に聞いてみようと思いますが…ネットって凄いし怖いです。

胡麻をするのは得意です?

有機の胡麻各種です。ナッツ同様個人的には好んでは食べ無いものの類いです。と言いますか胡麻ってナッツです。 ともかく今回は胡麻油では無く胡麻そのものを試してみました。有機の金胡麻は近所に無かったのでとりあえず置いておいて黒、 白、炒ったもの、違うメーカーの炒ったものを買ってみました。悪く無いと思いました。おのおの相性の良い食材が分かれましたがランチとデザートでなら 使っても良いです。焙煎したものは乾物屋さんの商品がやはり上手に仕上がっていました。とりあえずは積極的に使ってみようと思います。胡麻は摺った方が消化吸収が良いとされていますが歯で粒を潰した時に広がる香りが良いと思うので大体は粒で使用する予定です。歯があるって素敵です。余談ですが胡麻は漢字表記は珍しく無いですし和食でも良く使っているイメージがある割に国内の流通の99.9%が輸入品だそうです。ナッツとして考えると違和感は無いのですが胡麻として考えると何かこそばゆい感じが残ります。言い出すとキリの無い事ですが ガンバレ日本。

発想を変えてみました。

有機のクルミです。以前はと言うよりつい最近までナッツ類はその油っぽさから少し苦手でした。小さい頃はチョコレートにダイスのアーモンドが入っているとちょ っとがっかりした位です。先日違うナッツを噛じっていてふと、いっそ固形の油脂と考えてみては?と思い発想を変えてみました。 クルミから抽出したクルミ油と言う商品も存在するのですがホールのままの方が良い様に思いました。そうなるとデザートに料理にと大活躍で今やちょっとしたマイブー ムです。美味しいです。ただ、価格がなかなかお高いのが難点です。今や2年前の1.5倍でちょっとしたフォアグラより高価です。輸入元曰く(ビート) たけしがテレビで身体に良いと言ったからだとの事でしたが大した影響力です。どちらにしても一度上がった値段は簡単には下がら無いものでフォ アグラ以上の使用価値を感じて頂ける様せいぜい頑張らさせていただきます。

ブドウ色々。

IMG_20170913_220253.jpg IMG_20170913_220340.jpg

ベリーA、籐稔、巨峰二種類を試してみました。ベリーAは個人的に好きな品種で酸がはっきりしています。巨峰と比べるとワインにおけるガメイとピノ・ノワールの関係で多分ほとんど全員が巨峰の方が好きです。でもお皿に2つとも載せてしまえば良いだけの話なので毎年買っています。藤稔は初めて食べました。実がかなり大きいのでそれに由来する食感が新鮮で結構気に入っています。巨峰二種類の一方は無農薬のモノで皮ごと食べても全然違和感無く美味しく食べられます。ただ巨峰独特の突起した甘さではなくバランスのとれた穏やかな美味しさなので少し解りにくいかもしれません。もう片方はベリーAと同じ生産者で減農薬で巨峰らしい味がしました。店で違う種類のブドウだけを盛って提供、と言う事はさすがにしませんが味が全然違うので 面白い使い方が何か有りそうな気がしました。切羽詰まっていない時の試食は楽しいものです。